腐れ生娘の損得感情

腐れ生娘の損得感情

自分の半生は笑える をかかげて。

主人公が杉下右京になる世界 昔話

f:id:Naoyafs:20180919114534p:plain
足りてますか?


どうも Naoya です




ー桃太郎ー



むかしむかしある所に、お爺さんとお婆さんが住んでいました。

お爺さんは山へ芝刈りにお婆さんは川へ洗濯に行きました。

お婆さんが川で洗濯をしていると、どんぶらこ、どんぶらこ、と大きな桃が流れてきました。



「おや、これは良いお土産になるわ」



お婆さんは大きな桃を拾い上げて家に持ち帰りました。

そして、お爺さんとお婆さんが食べようとももを切ってみると、なんと中から元気の良い杉下右京が飛び出してきました。



「おぎゃー と言うべきでしょうか」



子供が居なかったお爺さんとお婆さんは大喜びです

桃から生まれた男の子をお爺さんとお婆さんは桃太r



「特命係の杉下です」



杉下右京と名付けました



杉下右京はすくすく育って、やがて頭のキレる子になりました

そしてある日、杉下右京が言いました



「お爺さん、お婆さん 私はこれから鬼ヶ島に向かって周囲の身辺調査を行います」



お婆さんにきび団子を作ってもらうと鬼ヶ島へ出かけました



道の途中、イヌに出会いました

「杉下さん、どこへ行くのですか?」

「おや、これは珍しい、喋る犬ですか この世にはまだまだ科学で証明できないこともあるんですねぇ」



イヌはもう1度聞きました

「杉下さんどこへ行くのですか?」

「おっと、僕としたことがこれは失礼 鬼ヶ島という場所へ身辺調査に行くんですよ」

「それではお腰に付けたきび団子を1つくださいな。おともしますよ」



次に、サルに出会いました

「杉下さん、どこへ行くのですか?」

「おやおや、次は喋る猿ですか 猿とは元来霊長目のうちヒトを除いたもののことです ただし、生物学的観点から見ればヒトもまた「サル」の一種に他ならないんです 貴方が喋る事はあながち不可能ではないのかもしれないですね」



サルはもう1度聞きました

「杉下さん、どこへ行くのですか?」

「これまた失礼 鬼ヶ島という所へ身辺調査に行くんですよ」

「それではお腰に付けたきび団子を1つくださいな おともしますよ」




そして今度はキジに出会いました

「杉下さん、どこへ行くのd」

「もう結構 これから私が行くのは鬼ヶ島です そしてこのきび団子を差し上げますので付いてきてください」




こうして、イヌ、サル、キジを仲間に手に入れた杉下右京は、ついに鬼ヶ島へやって来ました

鬼ヶ島では、鬼達が近くの村から盗んだ宝物やご馳走を並べて、酒盛りの真っ最中です

「それでは皆さん、突入してください!!!」


イヌは鬼のお尻に噛みつき、サルは鬼の背中を引っ掻き、キジは嘴で鬼の目をつつきました。

そして杉下右京も体術で大暴れです

とうとう鬼の親分が


「まいったぁ、まいったぁ。降参だ助けてくれぇ」


と手をついて謝りました




「鬼というのは誰の心にも存在する、言わば欲の塊 その塊をこり解すことは並大抵な事じゃないですよ」




杉下右京とイヌとサルとキジは、鬼から取り上げた宝物を持つと、元気よく家に帰りました

お爺さんとお婆さんは杉下右京の無事な姿をみておおよろこびでした
そして3人は、宝物のおかけで幸せに暮らしましたとさ。

おしまい。




にほんブログ村 その他日記ブログ 無職女性日記へ
にほんブログ村