腐れ生娘の損得感情

腐れ生娘の損得感情

自分の半生は笑える をかかげて。

腐女子歴長い女 何故BLが好きなのか真剣に考えてみた

f:id:Naoyafs:20180919214322j:plain
足りてますか?

どうも Naoya です



腐女子なんです


腐女子とは

男性同士の恋愛を好んで見る女性のこと




今回は腐女子な私が何故こんなにもBL(ボーイズラブ)を好きなのか 真剣に考えてみました





※あまり生々しい表現はしないつもりですが少しでも気になる方はご遠慮お願いします








BLの世界にはいくつか特殊な属性存在します





1つ目が

ノンケ バイ ゲイ という言葉

ノンケ:異性愛者を意味する

バイ:バイセクシャルの略 両性愛者を意味する

ゲイ:同性愛者を意味する





2つ目が

「攻め」 「受け」 という言葉

表記にすると

攻め×受け (私はこれをカップリングと呼んでいる)となります



上記の2つがあることによって何が生まれるのでしょうか それは



カップリングのバリエーション幅が広がる」



ということです




試しに「攻め」×「受け」の中を変えてみる


「ノンケ」×「ノンケ」

「ノンケ」×「ゲイ」

「ノンケ」×「バイ」

ノンケが「攻め」だけで3通りにもなります



続けて

「ゲイ」×「ゲイ」

「ゲイ」×「ノンケ」

「ゲイ」×「バイ」



そしてそして

「バイ」×「バイ」

「バイ」×「ノンケ」

「バイ」×「ゲイ」となります


なんと男同士というだけで9通りのバリエーションがある訳なんです!

ちなみに私が好きなの「ノンケ」×「ノンケ」の同い年です


ここにプラスさせるのが肩書き

これはどんなものにもあると思いますが


例えば

「ゲイ(教師)」×「ノンケ(生徒)」や

「バイ(ホスト)」×「バイ(カフェ定員)」

「ノンケ(年下)」×「ゲイ(年上)」など




もう無限大なんです 自分の好きな「攻め」をさがしたり「受け」を探したりと、でっかい本屋もしくはアニメイトに行くと止まらなくなるんです




男女物の漫画でもたくさんバリエーションない?

そう思った貴方。ありますありますが、とても大きな違いがあるんですそれは



「展開の読めなさ」



であることです




男女の話だど大体最終的に「お付き合い」だったり「結婚」だったりがあります

でもBLにはそれが無いことも度々あります


前半では恋人だったのに最後には友人に戻りあやふやに終わったり 憂鬱なエンドもあります

虚しいまま読み終わって本を閉じます



そこがまたいいんです、読み終わった後モヤモヤとした気持ちが残るんですが何故かまた読みたいと思ってしまうんです

そこもBLならではのものだと思います




そしてこれは腐女子同士でもぱっくり意見が分かれるんではないでしょうか

作中のSEXについて

これは個人的に添えるだけで結構だと思ってます
それによって話が複雑になるか簡単になるかその工程の1つだと私は思っています

そもそもなぜBLはSEXをするのか

これはもう女の私が意見するのには限界がありまして

まぁ男性が好きな人を目の前にしたらそういう気分になっちゃうんじゃないですかね?(投げやり)


腐女子の意見はここまでにします





最後に。

これはあくまでもフィクションの世界の話をしているんです

現実の話では一切ありません

フィクションの中の好みの話です

私の現実の世界でのセクシャル的な想いは全く別の次元にあります

どうか一緒にはしないでください




にほんブログ村 その他日記ブログ 無職女性日記へ
にほんブログ村